入れ歯・インプラント

  • TOP
  • 入れ歯・インプラント

当院取扱いの入れ歯(自費)

当院では保険の入れ歯のほか、自費の入れ歯として以下のものを扱っています。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使わない入れ歯です。金属のバネを使わないので見た目が自然です。また、薄くて軽く、装着時の違和感が少ないという特徴もあります。
216,000円~より  ※料金は税込表示です

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

マグネットデンチャー

磁石を使って固定するので、バネが見えることがなく、しっかりとフィットします。

金属床義歯

歯ぐきにあたる部分が金属でつくられた入れ歯です。薄くつくることができるため装着時の違和感が少なく、食べ物の温冷も感じやすいという特徴があります。

金属床義歯
金属床義歯
金属床義歯

インプラント治療

インプラント治療 インプラント治療

歯を失ってしまったけど…
◎取り外しの入れ歯は使いたくない。
◎周りの歯を削りたくない(ブリッジにしたくない)
◎以前のようにしっかり咬める歯が欲しい。

→このような方は、1度インプラント治療を
お考えになるのはいかがでしょうか?

インプラント治療って何?

インプラント治療では、歯を失った部分のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から歯の形の被せものをして咬む機能を回復させます。現在ではたくさんの方が受けられている治療です。

インプラントは何がいいの?

●人工歯根があごの骨としっかりと結合するので、自分の歯と同じような感覚で咬むことが可能です。
●部分入れ歯やブリッジのように健康な他の歯にバネをかけたり削ったりする必要がありません。

なぜ歯を失ったままではいけないの?

なかには歯が数本なくても食事に不自由しないし、違和感もないのでそのままでもいいとお考えになる方もいらっしゃいますが、それはとても危険な考えです。
●歯は空いたスペースを埋めようと移動してきます。その結果歯並びが乱れます。
●かみ合わせの相手の歯が落ちてくる又はのびてきます。
●かみ合わせが乱れて顎関節症など他の様々な悪影響が考えられます。

インプラント治療は危険なのでは・・・

事前にレントゲン撮影用の装置を歯に装着して歯科用CT撮影をしていただくことで、手術部位を立体的に把握して手術が可能かどうかをシュミレーションすることができます。
従来のレントゲンでは、平面的な画像下での診断しかできなかったため的確な判断が難しいケースもあったかと思います。歯科用CTの撮影は一手間ですが、これこそが安心につながると思って当院では皆様に撮影をしていただくことをお勧めしています。

インプラント治療の流れ

1.まずはご相談ください

2.装置作製・歯科用レントゲン撮影

3.分析結果・治療計画のご提案

4.インプラント埋入手術

5.治癒期間

6.被せる歯の型どり・作製

7.装 着

8.メインテナンス

※他の歯同様に非常に重要です。インプラントのもちを左右します。

お問い合わせ・ご予約

すべてのご予約は
お電話にて承っております。

診療の最終受付時間は午前は12:00・午後は終了時間の1時間前までとさせていただき、
希望日時のご予約はご希望される日の前診療日9:00~19:00の間で受け付けております。
但し、急患の方はお電話にてご相談下さい。

TEL / FAX 03-3971-3810